/

この記事は会員限定です

雇用調整助成金の特例水準、21年1月以降も維持へ

(更新) [有料会員限定]

厚生労働省は雇用を維持する企業を支援する雇用調整助成金について、特例措置の水準を来年1月以降も維持する方向で調整に入った。1月からは縮小して延長する方針だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて変更する。

雇調金は社員に休業手当を支給して雇用を維持する企業に助成金を出す。通常は1人日額8370円が上限で、助成率は中小企業で3分の2、大企業で2分の1。今春の緊急事態宣言後に休業者が急増したことを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン