/

この記事は会員限定です

米SNSに規制論再燃、大統領選後も逆風 上院公聴会

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成】米議会でSNS(交流サイト)の規制をめぐる議論が再燃している。トランプ大統領がSNSを通じて大統領選で不正行為があったと繰り返し主張するなか、17日の議会公聴会で民主党が誤情報の対策強化を求めた。大統領選と議会選を経て政治状況が変わっても、SNSへの逆風は続きそうだ。

上院の司法委員会が公聴会を開き、ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)とフェイスブックのマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン