/

この記事は会員限定です

自衛隊の中東派遣1年延長 政府、安全航行へ情報収集

[有料会員限定]

政府は中東海域を航行する民間船舶の安全確保のため、自衛隊の派遣期間を1年延長する方針だ。12月26日までの派遣期間を延ばし、同海域で海上自衛隊の護衛艦と「P3C」哨戒機が情報収集活動を続ける。与党内の手続きを経て12月に閣議決定する。

防衛省設置法に基づく「調査・研究」目的で今年1月に活動を始めた。オマーン湾やアラビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン