/

両陛下、オンラインで懇談 コロナ対応の医療機関

天皇、皇后両陛下は18日、新型コロナウイルス感染症への対応を聞くため、オンラインで日本赤十字社医療センター(東京・渋谷)の病院関係者と懇談された。両陛下は感染拡大以降、専門家からコロナ問題について説明を受けられてきたが、オンラインでは初めてとなった。

両陛下は住まいの赤坂御所(東京・港)から画面越しに医療現場の人々と交流。北海道北見市、福島市、那覇市の各赤十字病院ともつなぎ懇談された。

コロナ禍で両陛下の外出は減り、国民とふれ合われる機会を設けるのは難しい状況が続いている。宮内庁の西村泰彦長官は「国民に寄り添う姿勢をお示しいただくあり方を検討してきた」と説明。側近によると、天皇陛下は以前からオンラインの活用に前向きだったという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン