/

新潟のフードバンク、Xマスケーキや暖房機を無償提供

生活困窮者に食品を配給する事業者でつくる新潟県フードバンク連絡協議会は18日、18歳以下の子どもがいるひとり親世帯に、クリスマスケーキや暖房機器を無償で提供すると発表した。年末年始はクリスマスやお年玉など経済的格差を感じやすく、心のケアが必要と判断した。

ひとり親家庭1000世帯に約3000円のクリスマスケーキを無償提供する

暖房機器大手のコロナが石油ファンヒーター100台を寄付、協議会を構成する県内のフードバンク11団体が各家庭に贈る。今夏にエアコンの無償提供も実施したが、一般家庭からの応募も多数あったため、各団体で調査して生活に困窮している世帯への支給に変更した。

ケーキは別居中を含むひとり親世帯が対象。無料対話アプリ「ライン」の同協議会の公式アカウントを通じ、1000世帯を同日から募集する。ケーキの購入費300万円や広報費などは同日始めたクラウドファンディングで募る。同協議会の高見優会長は「既にセブン―イレブン・ジャパンと連携してケーキを手配している。責任をもって取り組みたい」と話し、寄付を呼びかけた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン