/

この記事は会員限定です

ドローン調達、中国製を事実上排除 防衛やインフラ点検

[有料会員限定]

政府は2021年度から各省庁が調達するドローン(小型無人機)のセキュリティー対策を強化する。飛行記録や撮影写真の外部漏洩防止や、サイバー攻撃による乗っ取り対策を義務付ける。中国製などを事実上排除することになる。

関係省庁で申し合わせた。21年度から各省庁がドローンを新規に調達する際、内閣官房に計画を提出し、審査を受ける。全省庁と独立行政法人、日本年金機構などサイバーセキュリティ基本法で指定した法人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン