/

日米、抑止力強化を継続へ 首相、海兵隊トップと会談

菅義偉首相は18日、米海兵隊トップのバーガー司令官と官邸で会談し、抑止力強化の継続を確認した。米大統領選でバイデン前副大統領が勝利を確実にした後、米軍高官と面会するのは初めて。両氏は、海洋進出を強める中国を念頭に「東、南シナ海で強化される一方的な現状変更の試み」に深刻な懸念と強い反対を表明した。

首相は「史上かつてなく強固な日米同盟の抑止力、対処力の強化に向けて、引き続き協力を深めたい」と伝達。バーガー氏は「同盟の抑止力維持に向け変革を進め、一つのチームとして取り組みたい」と応じた。両氏は「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現へ連携する方針でも一致した。

在日米軍再編に関し、首相は「安定的駐留を確保するために地元の理解が不可欠。そのためにも緊密な情報共有が重要だ」と強調。両氏は、米軍基地を抱える沖縄の負担軽減を着実に進めることも申し合わせた。

岸信夫防衛相、茂木敏充外相もそれぞれバーガー氏と防衛省、外務省で会談。岸氏は自衛隊と海兵隊の連携について意見交換した。茂木氏は、オーストラリアやインドとの結束強化が重要との認識を共有した。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン