/

この記事は会員限定です

対顧客利益、3割が赤字 九州・沖縄の地銀20行

[有料会員限定]

新型コロナウイルスが九州・沖縄の地方銀行の稼ぐ力に影を落としている。地銀20行の2020年4~9月期の単体決算は、貸出金は前年同期比で8%伸びたが、基盤である貸し出しなどの顧客向け業務による利益は5%減り、3割の銀行は赤字となった。政府が再編圧力を強めているだけに、生き残りには本業で稼ぐ力の強化が欠かせない。

4~9月期はコロナで経営が悪化した取引先の資金繰り支援により、九州・沖縄の地銀は貸出金を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1603文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン