/

横浜市と東京・渋谷区が協定、スタートアップ支援で

横浜市と東京都渋谷区は18日、スタートアップ企業の活動支援に関する連携協定を結んだ。実証実験の舞台を互いに提供したり、共同で規制緩和を政府に働きかけたりする内容。海外企業の誘致にも取り組み、大学や研究機関とも幅広い連携を目指す。

企業のニーズに応じ、両市区内の地域を実証実験の場として提供する(横浜市役所)

横浜市は都心では難しいドローンの飛行実験に対応できる一方、スクランブル交差点など有名スポットを抱える渋谷区は発信力の高さが強み。両市区の強みを様々な実証実験に生かし、スタートアップ支援を図る。

林文子市長は同日の締結式で「世界へ羽ばたく企業を生み出していく」と強調した。長谷部健区長は「現場の自治体がしっかり膝をつき合わせ、つながっていくことが重要だ」と述べた。

政府は東京都や横浜市に関し、スタートアップの集積地を目指す「グローバル拠点都市」に選定している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン