/

この記事は会員限定です

投資家の実名開示、社債発行が透明化 企業も期待

[有料会員限定]

社債の発行市場の透明化が進む。社債を買った投資家の名前や購入額を、主幹事証券会社が発行企業に伝える新ルールが2021年から導入される。発行額や利回りなど条件を決める際にも、投資家の購入希望額などを伝える。これまで企業は自社の社債を買った投資家を特定できなかったが、投資家との踏み込んだ対話などに期待が高まっている。

日本証券業協会が17日に新ルールの導入を決めた。主幹事証券は生命保険会社や運用会社な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン