/

この記事は会員限定です

宮城知事「震災後、腹固まっていた」 女川再稼働に同意

[有料会員限定]

東北電力女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)2号機の再稼働を巡り、村井嘉浩知事が同意を表明した。未曽有の大災害となった東日本大震災から10年を前に、被災地の原発で再稼働に向けたカウントダウンが始まった。賛否が渦巻く地元同意だったが、村井知事にとっては既定路線だった。

「(再稼働に)了承と回答したい」

18日午後、村井知事は梶山弘志経済産業相へ正式に再稼働への同意を表明した。午前には女川町の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年へ

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン