/

この記事は会員限定です

スーパー、コロナでキャッシュレス 平和堂は急拡大

[有料会員限定]

関西に本社を置くスーパー各社でキャッシュレス決済の比率が高まっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で消費者が現金の受け渡しを避ける傾向が強まったためとみられ、10月は平均50%に上った。各社は「密」な状況を避けつつ独自のポイント戦略に知恵を絞り、顧客の囲い込みを狙う。

「不特定多数の人が触る現金を避けて、レジでの滞在時間を減らしたいと考える人が多いようだ」。平和堂の担当者はキャッシュレスが増えた背景...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン