/

東シナ海「現状変更に反対」 首相、米海兵隊トップと会談

菅義偉首相は18日、首相官邸で米海兵隊のバーガー総司令官と会談した。東シナ海と南シナ海で活動を活発化させる中国を念頭に一方的な現状変更の試みへの強い反対を確認した。首相は会談で「抑止力、対処力の強化、自由で開かれたインド太平洋の実現に向け連携したい」と話した。

在日米軍再編については「地元の理解と協力が不可欠で、緊密な情報共有が重要だ」と指摘した。沖縄の負担軽減に取り組む重要性で一致した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン