/

この記事は会員限定です

デジタル取り付け防げるか、銀行は独占的地位の喪失も

中銀デジタル通貨の「なぜ」(3)

[有料会員限定]

「中央銀行デジタル通貨(CBDC)は金融安定の面から慎重に検討する必要がある」。10月に日米欧の7中銀と国際決済銀行(BIS)がまとめた報告書は慎重意見も盛り込んだ。実際に発行されると、どんなリスクが想定されるのか。

一つが「デジタル取り付け騒ぎ」への懸念だ。金融機関は経営不安が市中に伝わると、預金を引き出そうとする人が店舗に殺到することがある。1990年代の日本でも実際に起きた。

電子上でやりと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン