/

BRICS5カ国が首脳会談、結束強調も足並みそろわず

【北京=羽田野主、モスクワ=小川知世】中国やロシアなど新興5カ国(BRICS)は17日、オンラインで首脳会議を開いた。採択した共同宣言では結束をアピールしたものの、新型コロナウイルスのワクチン供給などを巡り、足並みが乱れた。中国とインドは係争地を巡って対立しており「砂上の結束」といえそうだ。

BRICS首脳会議にオンラインで参加するプーチン氏(17日、モスクワ郊外)=ロシア大統領府

共同宣言では、ワクチンの安価で公平な供給に努め、世界経済の回復に向けて「主導的な役割を果たす」と5カ国の連携を前面に打ち出した。宇宙での軍拡競争を防ぐための多国間合意の必要性や、内政干渉や保護主義への反対も盛り込んだ。

中国国営の新華社によると、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は席上で「加盟国へのワクチンの提供を積極的に考えていきたい」と表明した。

議長国を務めるロシアのプーチン大統領はロシア製ワクチンの有効性を強調した。中国やインドと現地生産で合意したとして「大量生産へ力を合わせることが重要だ」などと述べた。

中ロ首脳の発言に対し、ブラジルのボルソナロ大統領は「自前のワクチンを使ってコロナ危機を解決していきたい」と述べ、距離を置く姿勢を示した。

ブラジルは中国の製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が実施しているワクチンの臨床試験(治験)を「深刻な出来事が起こった」として一時停止したばかりだ。

シノバックのワクチンを推進するサンパウロ州のドリア知事とボルソナロ氏の政治対立などが背景にあるとされる。ボルソナロ氏は10月に「ブラジル人は(実験用の)モルモットにならない」と語り中国のワクチンを批判している。ロシア製ワクチンは臨床試験(治験)の終了を待たずに承認され、安全性が疑問視されている。

中国とインドは国境沿いの係争地域で両軍がにらみ合いを続けている。習氏は「協議を通じて隔たりを解消しなければならない」と主張し、インドのモディ首相に歩み寄りを求めた。

ただ、香港メディアは係争地の高地を占領したインド軍に対し、中国人民解放軍が「マイクロ波」を使った新型兵器で攻撃し、インド軍が撤退した可能性を伝えており、緊張状態が続いている。5カ国の協調関係の構築は難しい現状も浮き彫りとなった。

BRICSはブラジルとロシア、インド、中国、南アフリカの5カ国を指す。首脳会議は7月にロシアで開く予定だったが、コロナの感染拡大を理由に延期した。2021年の議長国はインドが務める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン