/

この記事は会員限定です

公明、広島3区に斉藤氏擁立へ 自民も公募開始

(更新) [有料会員限定]

公明党は次期衆院選の広島3区に斉藤鉄夫副代表(比例中国)を擁立する方針だ。19日の中央幹事会で公認を決める見通し。斉藤氏は同日、広島市内で記者会見を開く。

広島3区は2019年参院選を巡る公職選挙法違反(買収など)罪に問われた元法相の河井克行被告が選出された選挙区だ。同被告が自民党を離党し、与党候補の空白区になっている。

自民党広島県連も18日から次期候補者の公募を始めた。広島1区選出の岸田文雄前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン