/

この記事は会員限定です

中部企業の21年3月、利益率上位に半導体・セラミック

中部企業、決算から

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下でも独自の技術やサービス、商品力を強みに高い利益率をあげている中部企業は少なくない。2021年3月期の会社計画から売上高経常利益率をランキングしたところ、半導体やセラミック関連のほか、高い市場シェアの企業が上位に入った。

世界的に進むデジタルトランスフォーメーション(DX)と、コロナ下での働き方改革を追い風にデータサーバーなどに使う半導体の需要が高まっている。

ジャパンマテリアルは半導体製造に使う特...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン