/

この記事は会員限定です

コーヒー豆・カカオ豆…喫茶材料相場に下げ圧力

コロナ再拡大で日米欧の需要減観測

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が再び拡大するなか、コーヒー豆やカカオ豆など喫茶材料の国際価格に下げ圧力が強まっている。外出時の消費が減っているほか、クリスマスやバレンタインの需要も落ち込むとの見通しが多い。供給は軒並み順調で、需給が緩みそうだ。

コーヒー豆の国際指標となるアラビカ種のニューヨーク先物(期近)価格は現在1ポンド119セント前後。足元ではハリケーン「イオタ」の中米接近を警戒した買いも入ってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン