/

児童虐待19万3000件 全体・増加数とも最多、厚労省

(更新)

全国の児童相談所が2019年度に児童虐待として対応した全体の件数が19万3780件(速報値、前年度比21.2%増)に上ったことが18日、厚生労働省のまとめで分かった。1990年度の統計開始以来29年連続で最多を更新した。前年度からの増加数も3万3942件で過去最多だった。同省は「警察との連携強化が進んでいる」としている。

厚労省によると、身体、ネグレクト(育児放棄)、性的、心理的の虐待4類型のうち、最多は心理的虐待で10万9118件。全体の56.3%だった。情報の経路は、警察の通告による対応が年々増え、19年度は9万6473件。全体の49.8%で10年前の15倍近くになった。心理的虐待に分類される、子どもの前で家族に暴力を振るう「面前DV(ドメスティックバイオレンス)」の警察からの通告増加が目立つ。

類型別で件数と全体での割合を見ると、最多の心理的虐待に続くのは、身体的虐待で4万9240件(25.4%)、次いでネグレクト3万3345件(17.2%)、性的虐待2077件(1.1%)。経路別で警察の次に多いのは、近隣知人の2万5285件(13.0%)。続いて家族親戚1万5799件(8.2%)、学校1万3856件(7.2%)となった。

虐待対応件数は例年は夏に公表しているが、今年は新型コロナウイルス禍の影響で集計が遅れた。一方、厚労省は今年、例年にはない月次集計の速報値を6月分まで出しているが、新たに7月分は1万6556件(前年同月比6%減)と公表。前年同月比で4月は7%増、5月は2%減、6月は10%増で、同省は「原因分析には至らないが、注視する」としている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン