/

この記事は会員限定です

中小企業も法人向けカード使いやすく、新興勢が風穴

ペーパーレス追い風 容易に経費精算

[有料会員限定]

法人向けのカード事業にフィンテック企業が相次ぎ参入している。多くは前払いのプリペイド式で、与信審査のハードルが比較的高い中小企業でも使いやすい。オンライン上で複数枚のカードを発行したり、経費精算ソフトと連携したりと便利さを打ち出す。

枚数制限なく発行

「勘定科目ごとにカードを分けられ、経費精算の負担が格段に減った」。IT企業、ワイズバイン(東京・世田谷)で経理を担当する徳原七海氏は話す。開発費、出張費などのカードを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン