/

この記事は会員限定です

台湾のTSMC、Googleと連携 次世代半導体を量産

[有料会員限定]

【台北=鄭婷方、黎子荷】半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)が顧客の米グーグルと連携し、2022年にも3次元パッケージング(3D封止)と呼ばれる次世代技術を使った製品の量産を始めることが分かった。電子機器の頭脳となる半導体の進化に弾みがつく可能性がある。

半導体はデータの記憶を担うメモリーと、演算処理を通じて機器の頭脳の役割を果たす大規模集積回路(LSI)が2大分野だ。メモリー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り527文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン