/

この記事は会員限定です

トナリ、等身大でビデオ会議 映像の遅延少なく

[有料会員限定]

ビデオ会議システムのtonari(トナリ、東京・渋谷)は、プロジェクターを使い遠隔地にいる人と等身大でビデオ会議ができるシステムを開発した。映像の遅延を0.12秒以下と、従来のビデオ会議より抑え、会話の際に違和感が少ない。本社と工場など国内外で複数の拠点を持つ中規模以上の企業の利用を想定し、2021年末までに30社程度の導入を目指す。

今回開発したシステムは大容量のデータを圧縮して伝送するため、画...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン