/

この記事は会員限定です

日本株、底堅さの裏に海外マネー

証券部 佐伯遼

[有料会員限定]

日本株の値動きが底堅い。18日の東京株式市場では日経平均株価が朝方に一時下げ幅を300円近くまで広げた後、下値での買いで下げ渋った。29年ぶりに2万6000円台を回復した達成感から利益確定売りが優勢だが、村田製作所オリエンタルランドなど上昇に転じる銘柄も目立つ。買い越しに転じてきた海外マネーが支えになっている。

「アジアの景気回復の恩恵を受けやすく、新型コロナウイルスの感染者数も相対的に抑えられている。欧州株を減らして日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン