/

虎ノ門ヒルズ住宅棟火災 建設中、2000平方メートル焼ける

(更新)
白煙が上がり消火活動の続く虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワーの工事現場(18日午後、東京都港区)

18日午前6時20分ごろ、東京都港区愛宕1、「虎ノ門ヒルズ」の住宅エリアとして建設中の「レジデンシャルタワー」の工事現場から「火事です」と119番があった。警視庁愛宕署などによると、火元とみられる地下1階の廃材置き場など約2000平方メートルが焼け、約11時間半後の午後5時50分ごろに鎮火した。けが人はいなかった。

現場周辺に煙が立ちこめ、消防車36台が出動。建設作業員1人が5階から救助され、近くにいた約40人が避難する騒ぎになった。愛宕署は19日以降に実況見分し、出火原因を詳しく調べる。

レジデンシャルタワーは地下4階、地上54階建て、住宅約550戸を供給する計画で、来年1月の完成に向けて工事が進んでいる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン