/

この記事は会員限定です

廃棄寸前の服、コロナ禍で増加 着こなし提案や再利用

(更新) [有料会員限定]

新品なのに売れず廃棄寸前となった服を無駄にしないための取り組みが広がっている。個人や事業者が買い取ってSNS(交流サイト)で若い世代に着こなしを提案したり、服地を再利用して新たな服を作ったりする。国内では年間15億着以上が過剰在庫になるとされる。新型コロナウイルス禍で売れ残る服は増えており、廃棄の減少に期待の声も上がる。(斎藤毬子)

「手ざわりがすごく良い。これからの時期に使えそう」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン