/

英国、ガソリン車を30年に禁止 EVの普及加速も

英国では路上で充電できる設備が増えている=ロイター

【ロンドン=佐竹実】英政府は17日、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表した。気候変動対策の目玉として、温暖化ガスを直接排出しない電気自動車(EV)の普及を後押しする。ガソリン車の販売禁止は米国やカナダなどでも相次いでおり、EV化が世界的に加速しそうだ。

英政府は2月に規制目標を当初の40年から35年に前倒ししたが、今回さらに早めることで環境配慮の姿勢を明確にする。ガソリンと電気を併用するハイブリッド(HV)も、排出ゼロの規制をクリアしたもの以外は35年までに販売を禁止する。英国のクルマの年間販売台数は19年に約230万台だった。

欧米の政府はEV普及のために補助金など政策面での支援を拡充している。米テスラや独フォルクスワーゲン(VW)、中国勢などはEVの開発を競い、シェア拡大を狙う。これまでHVを得意としてきた日本の自動車メーカーの戦略にも影響しそうだ。

英政府は21年、第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)を北部グラスゴーで開催する。50年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロにする目的を達成するため、「グリーン産業革命」と題してEV化や再生可能エネルギーの促進など10項目に120億ポンド(約1兆6千億円)を投じる。これにより25万人の雇用を創出する。

ジョンソン首相は「地球環境や経済の回復に我々は協力しなければならない。野心的な目標により英国民の暮らしが変わる」と指摘。温暖化対策について「グローバルな課題であり、全ての国は子孫のために行動を起こす必要がある」と話す。

環境対策の目玉はEV促進だ。英政府は13億ポンドを投じ、路上や家庭の充電施設を整備するほか、購入補助金に5億8200万ポンドを充てる。英国では日産自動車が北部のサンダーランド工場で「リーフ」を生産している。国内でのEV生産の促進を念頭に、EV向け電池の大量生産のため今後4年で5億ポンドを投じる。

首都ロンドンでは路上やスーパーの敷地内などで充電スタンドが急速に増えている。だが、新車販売の9割以上はガソリン車かディーゼル車で、あと10年でゼロにするのは簡単ではない。

英自動車工業会(SMMT)が9月に発表した調査では、ドライバーの44%が35年までにEVを購入する準備ができていないと答えた。英政府は11年から23年に購入補助として17億ポンドを充てたが、SMMTは「ごくわずかで、35年の目標達成には到底足りない」としており、EV化に向けた課題は少なくない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン