/

この記事は会員限定です

万博、落合陽一氏 「自然と調和 東洋的デジタルへ」

万博×コロナ×未来 プロデューサーに聞く(7)

[有料会員限定]

人工物と自然物の区別がつかない「デジタルネイチャー」の世界を探求するメディアアーティストの落合陽一氏(33)。筑波大学准教授として教育や研究に携わり、スタートアップの経営者として社会実装にも取り組む多彩な顔を持つ。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)ではテーマ事業プロデューサーとして「いのちを磨く」をテーマに斬新なデジタルネイチャーの世界を披露する準備を進めている。

    【万博×コロナ×未来 記事一覧】...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン