/

この記事は会員限定です

「物言う株主」どう向き合う? オリンパス竹内社長

そこが知りたい

[有料会員限定]

アクティビスト(物言う株主)が日本企業への影響力を高めている。2020年に物言う株主から提案や要求を受けた企業の数は、アイ・アールジャパンによると過去最多の25社に上る。コーポレートガバナンス(企業統治)の改革を迫る物言う株主とどう向き合うか。19年7月に大株主から社外取締役を迎えたオリンパスの竹内康雄社長に聞いた。

――オリンパスの株式の約5%を持つ米バリューアクト・キャピタルから社外取締役を迎えました。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン