趣味の消費、業績の支え カメラなど中国向け好調
ニコン、高級モデル伸びる

2020/11/17 23:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

趣味やレジャー関連分野で販売底打ちが業績に影響する動きが見られる。カメラや時計は高価格帯の商品が中国向けを中心に回復。アウトドア関連も国内外で堅調だ。こうした趣味にかかる消費の復調が下支えし、2020年7~9月期決算では前年同期を上回る純利益を確保する企業も出ている。

中国で好調なのがミラーレスカメラだ。キヤノンの場合、新製品のオンライン発表会に175万人が集まるなど注目度が高い。同社は7~9月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]