/

この記事は会員限定です

セーレン、車載プロジェクター開発へ エレキ分野育成

[有料会員限定]
<訂正>「非車両・非ファッション分野の売上高を20年3月期の46億円」にある「売上高」は「営業利益」の誤りでした。

セーレンは次世代自動車に搭載される、フロントガラスなどに映像や情報を投映するプロジェクターの開発を始めた。半導体の酸化膜を通常よりも20~30倍厚く加工し、大容量のデータを高速伝送できるようにする技術を活用する。製品の小型化に役立つ同技術は、ウエアラブル端末への採用も期待される。エレクトロニクス分野を主力事業に育てる。

2019年に買収し、子会社となったセーレンKST(福井市)が開発した半導体厚膜加工技術...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン