/

この記事は会員限定です

防災・減災、5年で12兆円 国土強靱化で政府・与党

[有料会員限定]

政府・与党は防災・減災のための「国土強靱(きょうじん)化」について、2021年度からは事業規模で12兆円程度の5カ年計画とする調整に入った。現在は18~20年度の3カ年で7兆円の計画で進めており、来年度以降も年平均でほぼ同じ規模を維持する。

12月にまとめる追加経済対策と合わせて閣議決定する。国土強靱化は防災・減災のためのインフラ改修のほか、災害時に派遣する医療チームの養成や、災害調査の専門職員の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン