/

この記事は会員限定です

徳島ブランド牛、JGAP認証で競争力強化

ウエーブ徳島

[有料会員限定]

徳島県が2019年から認定をスタートした地域ブランド牛「とくしま三ツ星ビーフ」の全国的な認知度向上に取り組み始めた。国内で初めてブランド認証の要件に畜産物の安全性などの基準をクリアした「畜産JGAP(農業生産工程管理)」を導入。「安心・安全」をアピールし、東京五輪・パラリンピックの選手村への提供や、海外市場の開拓も目指す。

神戸、松阪、近江などの国内有名ブランド牛に比べ、圧倒的に後発のブランド牛を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン