/

日豪首脳、東シナ海「現状変更に反対」 中国を念頭に

(更新)
会談を前にオーストラリアのモリソン首相(左)と肘であいさつを交わす菅首相(17日、首相官邸)

菅義偉首相は17日、首相官邸でオーストラリアのモリソン首相と会談した。自衛隊と豪軍の防衛協力の拡大に向け、共同訓練などを推進する「円滑化協定」を大枠で合意した。東シナ海について中国の海洋進出を念頭に「現状変更を追求し緊張を高める威圧的で一方的な行動に強く反対する」との共同声明も出した。

菅首相が就任後、国内で海外の首脳と会談するのは初めて。共同声明では「自由で開かれ、包摂的で繁栄したインド太平洋」の言葉を盛り込み、民主主義や人権、法の支配を重視する方針を確認した。南シナ海に関しても、緊張を高める試みに反対した。外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を来年の早い時期に開くことでも一致した。

菅氏は会談で「日豪が自由で開かれたインド太平洋の実現のために連携を強化することを確認したい」と話した。モリソン氏は「自由を追求し市場中心の経済を築く、志を同じくする国であり特別な責任を有している」と語った。中国周辺のインド太平洋の安全保障で協力する姿勢を示した。

今回大枠で合意した円滑化協定は互いの部隊が共同訓練を目的に相手国に入国する際に審査が不要になる内容だ。武器や車両など訓練に使う装備品を持ち込む手続きも簡素になる。

日本政府によると首脳会談では部隊の入国時の手続きや関税、刑事裁判に関する規定で合意した。自衛隊と豪軍の関係が緊密になればサイバー防衛などの新分野でも人的交流が進む見通しだ。

モリソン氏は共同記者発表で日本への液化水素の輸出計画に触れ「来年3月にも出荷」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン