/

この記事は会員限定です

競争力ない事業「冷徹に判断」 パナソニック楠見次期社長

[有料会員限定]

パナソニックの次期社長に決まっている楠見雄規常務執行役員は17日の会見で「(競争力のない事業は)冷徹に迅速に事業ポートフォリオから外していく」と述べた。同社は2022年4月に持ち株会社制へ移行し、事業を取捨選択しやすくする。一方で、白物家電、流通業や製造業の効率化支援など4事業に集中投資し、立て直しを急ぐ。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン