/

この記事は会員限定です

インド太平洋地域の大使に局長経験者 政府が重点配置

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也】政府がインド太平洋地域に駐在する大使に外務省の局長経験者を重点的に起用するようになった。菅義偉首相が安倍晋三前首相の方針を継承して掲げる「自由で開かれたインド太平洋」を実現するため、現地でも経験や人脈を生かせる布陣とする。

経済担当の外務審議官だった金杉憲治氏は17日付でインドネシア大使に就任した。在インドネシア日本大使館によると、事務方で次官に次ぐポストの外務審議官経験者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン