/

首都圏マンション賃料、上昇続く 10月0.6%高

東京カンテイ調べ

東京カンテイ(東京・品川)が発表した10月の分譲マンションの平均募集賃料は、首都圏で1平方メートルあたり3163円で、前月から0.6%上昇した。3カ月連続で過去最高を更新した。都市部で賃貸需要が底堅く、賃料水準が高い東京都の物件の比率も拡大し、全体をけん引した。

都県別でみると、東京都は0.1%高い3698円、神奈川県も1.7%高い2380円となった。横浜市や川崎市で価格上昇が目立った。一方で、築年数の古い物件が増えた埼玉県と千葉県は下がった。

近畿圏は0.4%高い1945円。大阪府は上昇に転じ、兵庫県は2カ月連続で下落した。

中部圏も1.6%高の1732円。4カ月ぶりに上昇した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン