/

この記事は会員限定です

鹿島、建設現場に「ロボ職人」派遣 競合からも工事受注

[有料会員限定]

鹿島が建設現場にロボットを相次ぎ投入している。オフィスビルでは人工知能(AI)が溶接作業を制御し、鉄骨に耐火材を吹き付ける専用機の開発も進める。職人不足を解消するため、ロボット運用の専門部隊を立ち上げ他社の工事も受注する。デジタルを軸に提携の要になりつつある。

来年竣工する都内のオフィスビル建設現場。鉄骨にへばりついた黄色いロボットが白い火花を散らし始めた。ビルでは各フロアで柱とはりを溶接して強度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1913文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。 2020年からはDX銘柄の選定が始まり注目度も高まっています。様々な企業がDXを実践し失敗と成功を重ねてきました。 このコラムでは、いま注目すべき企業によるDXの推進事例をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン