/

金沢の金箔、ユネスコ無形文化遺産に 石川で4件目

文化庁は17日、金沢の伝統的な金箔の製造技術「縁付(えんつけ)」を含む「伝統建築工匠の技」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しとなったと発表した。12月にパリで開かれる政府間委員会で最終決定される。登録されれば石川県では4件目の無形文化遺産となる。

縁付は、金箔と紙を交互に重ねて繰り返し打ち延ばす製法

縁付は、金を繰り返し打ち延ばして箔にする製法。柿渋などを染み込ませた紙と薄く延ばした金を交互に重ね、金づちで何度も打ちつける。最終的には厚さ1万分の1ミリメートルまで延ばす。均一に仕上げるには職人の経験が必要になる。2014年には国の選定保存技術として認定された。

縁付による金箔はサイズが大きくでき、つやが良い。器や扇子といった工芸作品に使われるほか、日光東照宮(栃木県日光市)の文化財の保存修理にも採用された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン