/

この記事は会員限定です

研究基盤の充実、海外から資金 OIST財団

UPDATE知の現場

[有料会員限定]

沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村)は研究基盤の強化を目指し、外部資金の調達に力を入れている。寄付金集めの中核を担うのが2018年に米ニューヨークで設立したOIST財団。19年11月に本格的に活動を始め、初年度の目標に掲げた1000万円を達成した。

「米国でOISTの知名度向上に取り組むことができた」。OIST財団理事で業務執行代表のデービッド・ジェインズ氏は振り返る。日米両国の科学者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン