/

「地球の歩き方」、学研系が取得

ガイドブック「地球の歩き方」は1979年に創刊。ダイヤモンド・ビッグ社は新型コロナを背景に事業譲渡に踏み切った

学研ホールディングス子会社の学研プラス(東京・品川)は、ダイヤモンド・ビッグ社(東京・中央)から海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」の事業を取得する。学研ではグローバル化を進めており、出版事業だけでなく、英会話事業などグループ内での相乗効果を見込む。

買収金額などは非開示。2021年1月1日に学研プラスが今後新設する子会社が、地球の歩き方を中核とするダイヤモンド・ビッグ社の出版事業とインバウンド事業を継承する。

海外旅行ガイドブックとして有名な地球の歩き方は1979年に創刊された。9月には初めての国内版である「東京」編を発行して話題を集めていた。ダイヤモンド・ビッグ社は新型コロナウイルスの感染拡大で海外旅行客などが減少したことが影響し、事業譲渡に踏み切った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン