/

ウィルグループ系、食品盛り付けロボット会社と提携

人材派遣のウィルグループ傘下で製造派遣を手掛けるウィルオブ・ファクトリー(東京・千代田)は17日、ロボット開発スタートアップのアールティ(同)と業務提携したと発表した。アールティは食品盛り付けに特化したロボットを開発している。ウィルオブはコロナ禍に対応し、2021年4月にもロボットと人材を組み合わせた新たなサービス開始を目指す。

ウィルオブはアールティと販売代理店契約を結んだ。ウィルオブは主に食品工場向けに弁当などの盛り付けを担当する人材を派遣しており、食品工場との接点が多い。ウィルオブは今後、派遣社員にロボットの操作方法を教え、ロボットと人材をセットで提供するサービスを始める。

コロナ禍でもコンビニエンスストアの弁当の需要などは好調で、地方の食品工場では人手不足が深刻だ。不足する人手をロボットで補うことで顧客の需要に応え、派遣契約の一段の獲得を狙う。作業の現場での「3密」回避にもつながると見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン