/

三井住友銀、英フィンテックに出資 AI融資に弾み

三井住友銀行は17日、人工知能(AI)を使い中小企業に融資する、英フィンテックのオークノースホールディングスに出資すると発表した。出資額は2300万ポンド(約32億円)。オークノースが持つ与信管理のノウハウを生かし、アジアや米国など海外での融資拡大につなげる。

既存の投資家から株式を取得した。出資比率は非公表。

オークノースはAIを使い、資金調達の難しい中小企業などへの融資を手掛けている。2019年2月にはソフトバンクグループの「ビジョン・ファンド」などから約460億円を調達した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン