/

この記事は会員限定です

対中「4カ国」枠組み 日豪でけん引、米新政権前に道筋

[有料会員限定]

菅義偉首相とオーストラリアのモリソン首相は17日の会談で、日米豪印4カ国による枠組みの重要性で一致した。日豪がけん引し、海洋進出を急ぐ中国への抑止力を高める。米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領が新政権を発足する前に、枠組みの維持に道筋をつける。

会談の冒頭、菅首相は英語で「ウエルカム トゥ ジャパン」と述べ、来日を歓迎した。モリソン氏は「これから首相を『ヨシ』と呼ばせていただく。私のこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン