/

この記事は会員限定です

料理宅配、代行料4割も 負担の店側「売り上げになれば」

新型コロナ・中部の衝撃

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で飲食店はこぞって宅配・持ち帰りサービスに活路を見いだす。ただ、注文量に比して採算は芳しくない。配達を「ウーバーイーツ」や出前館といった代行業者に委託した場合、代行手数料は飲食代金の3~4割程度とされる。店側が負担するケースが多い。

「バイクをもう少し増やさないと……」。こう話すのは中華料理店、浜木綿の山本みほ取締役だ。9月から傘下の焼きそば店「メンヤム水広橋店」(名古屋市緑区)で宅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン