/

この記事は会員限定です

酒どころ兵庫・京都、利益率は平均以下 薄利脱却へ苦闘

関西データ解剖(下)

[有料会員限定]

日本酒の出荷量は、有数の酒どころ「灘五郷」を擁する兵庫県が全国1位、「伏見」のある京都府が2位だ。しかし売上高営業利益率はともに全国平均以下。利幅の小さい大手酒造会社の経営状況を反映しているとみられる。各社は独自性のある商品の開発や海外への販路拡大に取り組むが、従来型の廉価商品の大量生産も売り上げ確保には欠かせない。難しいかじ取りを迫られている。

多くのスーパーには白鶴酒造(神戸市)の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1292文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン