/

横浜市、IR推進で協議会を初開催 実施方針など協議

横浜市は17日、カジノを含む統合型リゾート(IR)の推進に関し、国のIR整備法に基づく協議会を開いた。協議会は林文子市長や地域住民、学識経験者ら産学官で構成し、IR施設の要件などを定める「実施方針」の策定や事業者募集などについて意見交換した。

林文子市長は会議で改めてIRの必要性を強調した(横浜市内)

「横浜イノベーションIR協議会」の第1回会議を開いた。横浜市がIR施設の概要や市の取り組みなどを説明。その後の具体的な協議は意見交換や意思決定の中立性などに影響を及ぼす恐れがあるとして、非公開とした。次回も引き続き非公開となるという。

林文子市長は冒頭で、IR誘致が観光や地域経済の振興、財政改善につながると述べ、「横浜が持続的に成長していくための活力を生み出していかなければならない」とIR推進の意義を強調。メンバーの神奈川県の黒岩祐治知事は「基礎自治体の判断を尊重し、全面的に協力したい」と、治安面やギャンブル依存症対策で連携する意向を示した。

協議会はIRに関する実施方針の策定や事業者選定、国に申請する区域整備計画などについて複数回開催して議論する方針。メンバーは林市長が議長で、黒岩知事、県公安委の委員長、同市町内会連合会会長、横浜商工会議所会頭、横浜市立大学学長の6人構成で、必要と認める人も新たに追加できる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン