/

百度が中国ライブ配信大手を買収、3800億円

【北京=多部田俊輔】中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)は16日(米国時間)、中国のライブ配信サービス大手、歓聚集団(JOYY)から中国国内のエンターテインメント分野のライブ配信事業を買収すると発表した。買収額は36億ドル(約3800億円)。エンタメ分野の強化が狙い。

百度の本社=AP

百度が買収するのは、JOYYが中国で運営するエンタメ向けのスマートフォン用アプリやウェブサイトの事業など。2021年前半の買収手続きの完了を見込む。買収する事業の利用者数は4130万人で、エンタメ分野では中国トップの利用者数を抱える。

百度が同日に発表した20年7~9月期決算は、純利益が136億元(約2200億円)だった。前年同期の63億元の最終赤字から黒字転換した。前年同期は旅行サイトを手掛ける企業の株式売却に伴い多額の損失が発生したが、この四半期には大きな一過性の損失がなかった。コスト削減も奏功した。売上高は前年同期比1%増の282億元だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン