/

この記事は会員限定です

アジアで広がる米大学離れ 米で学ぶ外国人、14年ぶり減

[有料会員限定]

【シリコンバレー=于逸凡】米国で学ぶ外国人留学生の数が2019~20年の学年度、14年ぶりに前年度比で減った。最大の送り出し国である中国と米国の関係悪化、トランプ米政権によるビザ発給の厳格化で、米国で学ぶかどうか考え直す学生が目立っている。

米国際教育研究所と米国務省が16日に発表した年次報告書によると、同国における留学生の総数は、直近の19~20年度が前年度比1.8%減の107万5496人だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン