/

この記事は会員限定です

東山魁夷作「馬雲」が予告した習近平政治とアント激突

[有料会員限定]

昭和を代表する日本画の巨匠、東山魁夷も草葉の陰で驚いているだろう。まさか自らの傑作が、風雲児であるアリババ集団の創始者、馬雲(ジャック・マー、56)の危うい運命の予告に使われるとは。しかも、それは中国国営通信、新華社が対話アプリなどの公式発信でトップに置いたコラムなのだから。

突然、馬雲が当局から事情聴取を受けたのは11月2日。直後に新華社の文章がアップされた。中国にしてはあまりに早い。まるで用意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン