/

この記事は会員限定です

マツダ、罰金回避へ 欧州新環境規制クリアの道筋

[有料会員限定]
日経クロステック

マツダが、2020年から厳しくなった欧州環境規制の罰金を回避する見通しだ。数百億円規模に罰金が膨らむとの試算が飛び交い、日系自動車メーカーで最も影響を受けるとの見方があった。

20~21年は、新型電気自動車(EV)の投入や資本提携するトヨタ自動車との協業で乗り切る。22年以降は、新型プラグインハイブリッド車(PHEV)の投入などにより、単独で規制達成する考え。規制対応にめどをつけた後、「EV時代」への備...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2060文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン